スプレッドの幅が狭いか広いか

トリマーを指したのはダレ > 独り言 > スプレッドの幅が狭いか広いか

スプレッドの幅が狭いか広いか

「スプレッド」とはFXは外貨を取引して儲けを生み出す投資です。

 

買ったり売ったりの価格は四六時中上下しています。

 

それがレートです。

 

ラジオを聞いているとドル円やユーロ円の為替のニュースが流れるケースがあります。

 

よくあるのが「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。

 

すなわち、売り買いには買値と売値の両方の値段があるという事です。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表現しているFX会社も存在しています。

 

一般的に買値よりも売値が安価になっています。

 

現実に買値は高く、売値は低くなるのです。

 

その差額をスプレッドといい、FX業者の儲けといわれています。

 

スプレッドの幅は業者によって変わります。

 

スプレッドの幅はみなさんにとって支出となるので小さいFX取引会社を選んだほうが得します。

 

ただし、場面に応じてスプレッドは変動します。

 

もし通常時は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの狭さだとしても、マーケットの動きが激しい状況では1銭よりも広くなったりする場面があります。

 

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じく、変化が少ない事が必要です。

 

最近では固定でスプレッド幅を示すFX業者もあったりします。

現実に業者の売り買い画面内でマーケットをチェックしなければ判別できないので億劫ですがとても大切なことです。

http://daichiw.meblog.biz/

大切な投資資金を預けてトレードするのだから本物の売り買いの前に、関心がある業者の口座開設を試して示されているスプレッドの幅を実感しましょう。

 

同じ外貨でも、そのタイミングの市場の変動率によってスプレッドの幅は変わります。

おおむね、インターバンク相場で取引量の多い通貨ペアではスプレッド幅が小さく他のペアではスプレッドが広がる事があります。

 



関連記事

  1. スプレッドの幅が狭いか広いか
  2. パソコンの前で
  3. 売値の方が安価
  4. 全ての財産を手放す